転職の心得

銀行員の転職先にオススメの職種、これから伸びる業界をチェック!

銀行員 転職先

「銀行員から転職したいけど、どんな転職先がオススメなの?」

「代表的な転職先のメリットやデメリットを知りたい」

銀行の将来性や仕事内容に不安があり、転職をお考えのあなたへ。

せっかくならきちんと情報収集して、よい仕事探しにつなげたいですよね!

うたのん
うたのん
こんにちは、銀行で働きながら転職メディアを運営をしているうたのんといいます。
プロフィール

・年齢:30代後半 関西在住
・地元でリテール(個人営業)として奮闘中
毎月1万人以上が訪問する転職メディアを運営
150人以上の転職相談にのった経験アリ

銀行員からのセカンドキャリアに興味をお持ちの方も多いと思います。

転職は、人生においてとても重要な決断。

せっかくなら、みなさんには、よい転職をして欲しい。

そこで今回は銀行員からよくある転職先を5つご紹介。
また、ご相談の多い女性の転職や30代の転職についても触れています。

この記事を読んでいただければそれぞれの転職先の特徴がよくわかり、あなたの幸せな未来への第一歩につながりますよ!

銀行 転職先

銀行員の転職先その1,経理・財務担当などの管理部門

銀行員の転職先としてもっとも多いのが企業の経理・財務担当などの管理部門です。

財務諸表を読み込むチカラであったり、正確な事務処理能力、人との交渉力は、他の業界へ行ってもとても役に立ちます。

財務部門

企業の資金調達や予算の編成などを行う財務部門。
銀行員として、取引先の財務担当の方と接してきた方も多いと思います。

銀行の手の内を知っていて、内部情報にも明るい銀行員はとても重宝されます。

実際に出向先として多いポジションでもありますよね。

また、銀行員としてたくさんの企業の財務を分析したり、具体的な提案をしてきた実績があれば、より経営者に近い目線で仕事をすることができ、転職へのアピール材料になったり、実際転職したあとも活躍することができます。

経理部門

経費の管理や決算書の作成などを行う経理部門。

銀行員は融資の提案や稟議書などで決算書を見慣れているので、スムーズに仕事に溶け込めることでしょう。

他の団体・業種との交渉経験もあるので、公認会計士、税理士との交渉もスムーズにいくことでしょう。

日商簿記2級まで保有していると優遇される場合が多いです。

農協 転職
農協(JA)職員からの転職体験談、経理職で年収が1.5倍になった!農協の職員からの転職体験談。転職理由や面接でのアピールの仕方、志望動機などJAから転職したい人は必見!31歳の時に地元メーカーの経理職に転職して年収が増えました。ワークライフバランスも取れて後悔はないです!...

総務部門

常に正確な事務処理が求められる銀行員
銀行にいると、当たり前の能力のように思われるかもしれませんが、他の業界にいくと一気に重宝されます。

オフィス施設や機器の管理など縁の下のチカラ持ちのような仕事から、株主総会の運営など。

今まで様々な取引先を見てきた経験や人脈を活かして、企業のコスト改善のために新たなアイディアを提案することも可能です。

取引先の福利厚生に関する知見もあれば、社会保険や年金制度などの幅広い知識も総務部門で活かすことができます。

FP2級以上などの資格があると、税金や不動産、福利厚生などの知識があると見なされ、転職活動で少し有利になる場合もあります。

人事部門

「人」と接することが多い銀行員。

取引先同士のビジネスマッチングを取り持ったり、

社員の採用、教育、人事制度の運用、

正確性、守秘義務、部門内の調整など銀行での経験が活きる職種です。

また銀行によってはリクルーター面接や社内メンター制度などで、実際に新卒採用や新人教育にたずさわった経験をお持ちの方も多いと思います。

銀行員の転職先その2、不動産業界

銀行 転職 不動産

緊急事態宣言中は一時的にマンションや戸建てなどの販売はストップしましたが、その後持ち直して来ています。

依然として都市型マンションも売れているのと、

リモートワークの需要が伸びている今では、都心の利便性の高いマンションだけでなく、郊外の比較的広い一戸建てに住みたいという需要もあります。

田舎暮らしやUターン、移住など地方銀行出身者にもチャンスはあります

また副業ブームの影響で、投資型マンションや駐車場管理などを行う会社も依然として盛況にあります。

不動産業界では銀行員としての渉外・営業経験を存分に活かすことができます。

不動産を購入する時はローンを利用することがほとんどなので金利制度、審査する側の事情に精通している元銀行員はとても重宝されます。

法律系の知識や不動産資格(宅建士など)があるとさらに有利。

注意点としては、営業職の場合ノルマがキツい場合もありますので、口コミをチェックしたり、同業他社に就職している知人のツテなどをたどって社風に合っているかを確認するとなおよいでしょう。

銀行員の転職先その3、メーカー営業

銀行での営業経験を活かして、メーカーの営業職に転職する方もいらっしゃいます。

顧客と人間関係を築き、相手のニーズを探りながら、自社のサービスを提供し、解決案を提示する。

AIが発達しても代替しにくい職種であるといえるでしょう。

銀行ほどの激しいノルマもなく、有形資産を扱っているので、本当に必要な会社や人にサービスが届き、顧客の喜びがダイレクトに伝わる職種でもあります。

銀行員の転職先その4、IT業界

銀行員 転職 IT

銀行員からプログラマー、SEなどへの転職

意外と思われるかもしれませんが、IT業界に転職する元銀行員もいます。

銀行と違ってノルマがない点や、技術を証明する資格が初級から上級まで幅広くあるのでスキルアップがしやすい点。

銀行員は論理的な思考が得意な人が多く、資格試験などで勉強するのに慣れているので、そういった意味でもプログラミングなどの学習は向いているといえるでしょう。

IT業界は5G技術の発展や自動運転技術、GIGAスクール構想など今後ますます伸びていく分野です。

今後のキャリアにテクノロジーという選択肢を付け加えることは、とても有意義なことになるでしょう。

主な職種

・プログラマー
・セールスエンジニア(SE)
・インフラエンジニア
・Webマーケター など

銀行員 転職 IT
銀行員の転職ならIT業界がオススメな5つの理由、未経験でも転職できる「金融機関から転職したいけど、資格が運転免許と銀行業務検定しかない…」 「ノルマやギスギスした人間関係はもういや!金融業界以外に転...

銀行員からWebマーケターへの転職が人気

最近ではWebマーケティング業界も人気の職種です。

いわば「企業がモノを売れる仕組み」を作りだすプロ。

企業独自のブログや、Twitter・InstagramなどのSNS、またはセールスフォースなどの営業支援システムを駆使する姿は戦略を考える現代のWeb軍師ともいえます。

コロナ禍でどこの業種も対面営業が難しくなっている中で、Webマーケターの市場価値はかなり高まっています。

文系でプログラミングを学ばなくてもなれる点と、企業がモノを売れる仕組みを理解している銀行員だからこそ、親和性のある仕事と言えるでしょう。

銀行員 Webマーケター
銀行員からWebマーケターへの転職がアツい!未経験からIT業界へ「銀行の将来は不安、もっと伸びる職種に転職したい」 「ノルマや人間関係にウンザリ……人から本当に必要とされる仕事をしたい」 ...

銀行員の転職先その5、公務員

銀行員から公務員への転職は昔から多い傾向にあります。

元々地頭がいいので、科目数が多く幅広い範囲の勉強が必要な公務員試験も、集中して学習すれば突破することができるでしょう。

国税専門官などの専門職に転職する人もいます。

福利厚生も充実しており、ワークライフバランスもとりやすいです。

注意点としては、公務員全体は斜陽産業であるということ。

少子高齢化、国内の産業の先細りなどで、国や自治体の税収は減少傾向にあります。

自分が本当にやりたいことは何なのか、よく考える必要はあります。

銀行員の転職先、女性や一般職の場合

女性銀行員 転職先

女性や一般職の場合、上記の中でも

経理・総務などの管理部門
不動産業界
IT業界
公務員 が人気です。

特に最近では、IT業界へ転職する女性が最近増えています。

ITは資格や成果物(Webページやプログラムなど)によるスキルの証明がしやすいので、出産や子育てなどでキャリアが中断しても働くことができます。

リモートワークがしやすく、将来子育てや介護などになった場合でも両立がしやすく、先見の明をもって業界を選ぶ方もいらっしゃいます。

女性銀行員 転職
女性銀行員が転職する際のポイント、自分らしく働くための7つのルール「女性の転職は難しいって聞いたけど、実際はどうなんだろう?」 「人間関係がキツすぎて限界…もっと私に合う会社が他にあるはず!」 ...

30代の銀行員でもまだまだ転職先はある

銀行 辞めたい 30代

「30歳を過ぎたら転職は厳しいのかな?」

そんなことはありません。

僕も実際、36歳の時に転職活動をしてみて面接まで通過した例もあります。
取引先の企業に「ウチで働いてみないか」と真剣に誘われたこともあります。

30代の転職での注意点は、全くの異業種・未経験職種への転職は厳しいということ。

また、35歳以降ですと、企業もマネージャーになってくれる人を探している場合がほとんどですので、部下を持ったり、後輩指導をしっかりしていたなどマネジメント経験がある人材の方が有利となります。

銀行員がリストラされた場合の転職先

リストラと一口にいっても
「一ヶ月後からやめてね、ハイさよなら」というよりは、銀行業界の場合、瀕死というよりままだまだ体力的には余裕がある場合がほとんどですので、

まずは「希望退職」を募るパターンがほとんどです。

また銀行の場合、新規採用を大量に採っていたり、最近では中途採用を実施している場合が多く、人材紹介会社とも太いパイプがあります。

希望退職を募り、その中で希望者には銀行のツテで再就職先を紹介する。
あるいは、人材紹介サービスを紹介してくれる。
というバターンが多いです。

しかし、一度に中途退職が数百人規模で発生すると、当然、条件のよい求人は早い物勝ち、奪い合いとなります。

万が一、リストラの対象になりそう、あるいは中途退職に応募しようと思っている、という場合も、先に自分で転職活動して、転職先を見つけておくのがベストな選択肢と言えます。

銀行員 転職エージェント
銀行員からの転職なら転職エージェントがおすすめ!メリットとデメリットを解説「転職エージェントってそもそもなに?」 「聞いたことあるけど、どんなメリットがあるのかわからない」 転職エージェントというサ...