転職の心得

銀行員からの転職!20代で大切にして欲しい軸とオススメの転職サイト

銀行員 転職 20代

「銀行に入って3年目、ノルマがキツいし、将来性も不安……」

「20代のうちの方が転職がしやすいって聞いたけど」

銀行や信金を辞めたい! 他の会社への転職も興味がある。

誰しも一度は、仕事を変えることについて考えたことがあるのではないでしょうか。

うたのん
うたのん
こんにちは、銀行で実際に働きながら趣味で立ち上げた転職メディアの編集長をやっているうたのんといいます。
プロフィール

・年齢:30代後半 関西在住
・地元でリテール(個人営業)として奮闘中
毎月1万人以上が訪問する転職メディアを運営
150人以上の転職相談にのった経験アリ

本日は、特に20代の方へ向けて、転職を考える際に大事にして欲しいポイントや、具体的にどんな転職先があるのかを記していきます。

さらに行動してみたい! という方には20代の方におすすめの転職サービスも掲載しています。

今の勤務先に残るにしろ、辞めることを真剣に考えるにしろ、自分なりの転職の「軸」を持っておくことが大切。

この記事を最後まで読んでいただければ、

会社へ向かう足取りが重かった過去の自分から一歩進んで、理想の働き方に近づくことができますよ。

銀行員からの転職、20代で大切にすべきポイント

銀行 1年目 辞める

自分がどうありたいのか、目標を決めよう

30歳の時にどうなっていたいですか?

35歳の時にどんな生活を送っていたいですか?

10年後、20年後を見据えたキャリアを、とよく言われます。

が、先の見通せない変化の激しい世の中、自分の40歳や50歳の時の姿を想像しろと言われても、なかなかツライ質問ですよね。

うたのん
うたのん
しょぼくれた、オジサン・オバサンにはなりたくないよ…

まずは、5年後、難しければ3年後でもOK!
どんな生活を送っていたいか、イメージしてみましょう。

仕事の合間に、ぼーっと空想してもOK(笑)

憧れる先輩や、理想の働き方に近い人が周りにいると、さらにイメージしやすいですね。

・英語を活かして海外で働きたい

・結婚して自分のペースで育児と仕事を両立させたい

・5年後はムリでも10年後はセミリタイアしてゆっくり暮らしたい

などなど、色々な希望が出てくると思います。

その希望は今の仕事のままで叶えられますか?

「もしかしたら、今のままでも働き方を工夫すれば叶えられるかも…」

そう思ったあなたは、そっとこのページを閉じてスキルアップの勉強でもしておこう。

「いや、さらに深みにハマりそう、まだイメージがわかない」
そのまま読み進めてください。

5W1Hで考える

What(仕事の内容にこだわりたい)
Where(どこで仕事をするか?場所が一番大事)
Who(誰と仕事をするか)
When(仕事のタイミングは自分で選びたい
Why(仕事の目的を大切にしたい

How(仕事の進め方、裁量などにこだわりたい)

このうち、あなたが譲れないものはどの点でしょうか?

今の職場はどの点に不満がありますか?

うたのん
うたのん
ちなみに僕の場合は、いきなり急なアポイントが入ったりドタキャンが出るとかなりストレスになるので「when」が一番だなと思ってます。
うたのん
うたのん
あとは仕事の進め方を人から指示されるのもイヤなので、「how」も大事ですね。

こういったポイントは人それぞれ違います。

志を同じくする人と働きたい「who」や、リモートワークやノマドなど働く場所を重視したい「where」にこだわりを持っている人もいるでしょう。

あなたが大事にしているポイントは今の会社・職場で叶えられますか?

あるいは転職先で叶えられそうな業界・職種はありますか?

より解像度を絞って考えてみると、自分が気づかなかった思わぬ仕事の選びの軸が見えてきますよ。

未経験業界にも挑戦できる

これまで自分を掘り下げてみましたが、ここからは20代の方を取り巻く環境や転職市場にも目を向けてみましょう。

転職で未経験の業界や職種にチャレンジできるのは、20代までです。

あなたの目の前には色々な扉が開いています。

これがもし、30代の銀行員ですと、転職できる業界や職種は、金融をはじめとして、不動産、企業の経理・財務部門、コンサル、などかなり絞られてしまいます。

50歳を過ぎた元上司や先輩たちの出向先を見てみると、一番わかりやすいですね。

みんな似たような会社・ポジションに出向していますよね。

家族もいない場合はチャレンジできる

30歳を過ぎてしまうと、家庭があったり、子どもができるとチャレンジをしにくくなります。

年収を下げられない、勤務地が限られるなど、妥協しにくくなり、結果的に転職先が決まりにくくなってしまいます。

消極的な理由で銀行に残っている人、周りにたくさんいませんか?
ああいう風になりたいですか?

独り身でしたら、万が一失敗してもやり直しがききます。
自分の身ひとつで再起することができます。

”挑戦”というチケットを手にすることができる期間は、実は限られているのです。

うたのん
うたのん
いつまでも、あると思うな、若さと時間。

ハイクラス求人も

今まであなたが頑張ってきた、学歴や経歴、ポテンシャルなどを見越して、さらに年収アップも期待できます。

チャレンジできるのも、20代ならではです。

銀行員からの転職、20代の主な転職先

銀行員 20代 転職先

金融業界

金融で働くこと事態は好き、ニガテではない、年収を上げたい! さらなるスキルを見につて成長したい!というあなたは同じ業界へ転職するのが近道です。

銀行以外にも、生保や損保、証券など、年収水準の高いポジションもたくさんあります。

外資系を狙うなら、さらなる年収アップも望めますね(その分コミットする量も多くはなりますが…

企業側としても教育コストが低く、即戦力として期待できるので、歓迎される傾向にあります。

メーカーの経理、財務担当

企業の決算書がある程度読める、数字に強い、正確な事務作業に自身がある、という方は経理・財務担当という道もあります。

繁忙期はそれなりに忙しいですが、ノルマがなく、同僚もおだやかな人柄であることも多いです。

銀行員の出向先として、よくあるポジションでもありますね。

IT業界、エンジニア

ひとくちに、IT業界やエンジニアといってもさまざまな職種があります。

プログラマー…実際のシステムづくりを担当

システムエンジニア…プログラマーをまとめたり、受注先との交渉やシステムの設計を行う司令塔

インフラエンジニア…企業のシステムの保守、メンテナンスなどを担当する縁の下の力持ち

銀行員(主に文系)から理系のプログラマーは意外と思われるかもしれませんが、多い転職のパターンでもあります。

銀行に入る人は、元々頭の回転が早く、コツコツと勉強することに慣れていることが多いです。

最近では、フィンテック分野でのシステム開発も盛んに行われており、金融経験者がプログラミングスキルを身につけ、実務経験を積むとさらに重宝されます!

銀行員 転職 IT
銀行員の転職ならIT業界がオススメな5つの理由、未経験でも転職できる銀行員をはじめ金融機関からIT業界への転職をおすすめする理由5つと注意点も記載。代表的な職種4つについても詳しく開解説しています。この記事を読めば未経験のあなたでもIT企業がまるわかり。...

Webマーケター

エンジニアと並んで注目の職種です。

コロナ禍で採用を絞られている職種が多い中、Webマーケターの求人は増え続けています。

どの企業も対面営業から、オンラインを活用した非対面営業へと進みたい。

Webを通して集客のノウハウを持っているWebマーケターは歓迎されます。

Webマーケターになるには

・Web広告代理店の営業やアシスタントとして潜り込んで経験を積む

・独学でWebマーケティングスキルを身に着けて、転職を狙う

・スクールに通って実践的な知識を身に着けてから転職する

の3つの方法があります。
詳しくは以下の記事をご参照ください↓

銀行員 Webマーケター
銀行員からWebマーケターへの転職がアツい!未経験からIT業界へ「銀行の将来は不安、もっと伸びる職種に転職したい」 「ノルマや人間関係にウンザリ……人から本当に必要とされる仕事をしたい」 ...

公務員

銀行員から公務員への転職も根強い人気があります。

比較的、残業が少ない部署が多い。

ノルマがない。

注意点としては、地方の市役所などですと給与水準がかなり安く、今後自治体の歳入減などで若手の生涯賃金はさらに下がるおそれがあること。

あとは、一度公務員に転職してしまうと、汎用的なスキルが身につきにくく転職しにくいとう所もあります。

自分のやりたいことなのか? 将来性を見越してから採用試験を受けるようにしましょう!

銀行員からの転職、20代にオススメの転職支援サービス

業界最大手、リクルートエージェント

リクルート 銀行員

転職サイトや転職支援サービスはたくさんありますが、どれかひとつと聞かれたらまずは「リクルートエージェント」が候補にあがってきます。

サービスはすべて無料ですし、転職のプロからあなたの味方になってくれて直接アドバイスをもらえるのが心強いです。

リクルートエージェントは20万件以上の非公開求人に対応しています。
土日オンライン面談にも対応してますので、気軽に相談できます。

まずは話を聞いてみた結果、今の仕事を続けるという選択肢ももちろんアリです。

関連記事 銀行員が転職エージェントを使うメリット

こんな人にオススメ

・そもそも転職すべき?自分にはどんな仕事が向いているのか?などキャリア相談をしたい

・拠点が全国にあった方がいい、土日も相談したい

・やっぱり求人は多いほうがいい!たくさんの中から選びたい

\なりたい自分へ、5分で登録完了!/
リクルートエージェント公式サイトへ

20代の支援に特化!マイナビ20s

こちらもリクルートと並んで有名な「マイナビグループ」の人材紹介サービスです。

就職活動で「マイナビ」にお世話になった方も多いのでは。

特に20代から30代前半までの転職サポートに強く、隠れた優良企業の求人が多い印象を受けます。

エージェントの方もあまりガツガツしてなくて、じっくりと今後のキャリアについて相談することができた。との口コミが多く寄せられています。

こんな人にオススメ

・地方や中小優良企業の求人を探している

・今後のキャリアをじっくりと相談に乗ってほしい

・職務経歴書などの作成を丁寧にサポートして欲しい

\20代の転職に強い!/
マイナビエージェント公式ページへ

ハイクラスの求人が魅力、パソナキャリア

パソナ 銀行員 転職転職で年収をさらに上げたい! さらに上のチャレンジをしたい!
そんなあなたはパソナキャリアがぴったりです。

Amazon、マイクロソフトほか
富士通、三菱重工、デトロイトトーマツなど一流企業からの求人が並んでいます。

人材サービス大手のパソナグループが企業との太いパイプを活かし、あなたのキャリアアップをサポートしてくれます。

こんな人にオススメ

・特に年収を一段上にステップアップしたい

・IT、通信、電気機器、営業職などを考えている

・企業との太いつながりのある転職サービスがいい

パソナキャリア 公式サイト

キャリトレ

キャリトレ 銀行員

「1日5分、自分と向き合うだけで新しい可能性が発見できる」

キャリトレはビズリーチが運営している20代向けの転職サイトです。

紹介される求人を「興味がある」「興味がない」と振り分けていくと、AIが自動的にあなたにぴったりな求人をおすすめしてくれます。(レコメンド機能)

また、あなたの経歴をみて企業やヘッドハンターからスカウトメールが来ることもあり、まずは自分の転職市場での価値を知りたい、という方にもおすすめです。

アドバイザーと面談するのではなく、自分のペースで就職活動ができます。

キャリトレ公式サイトへ

就職Shop

大手転職サービスは、職歴がある程度ある方が対象であるのに対して、就職Shopというサービスは20代の方向け。

新卒で1年以内に辞めてしまった人でも大丈夫!

行きつけのお店のように気軽に、そしてじっくりと未来の自分について相談ができます。

・登録企業数常時8,500社以上
・キャリア設計から面接対策までじっくりとアドバイス
・書類選考はなし、企業とのマッチングと人物重視

という特徴があります。

人生100年時代、多少の失敗があったってまだまだやり直せる!

\20代の転職に親身なアドバイス/
就職Shopに相談してみる