転職の心得

銀行の法人営業を辞めたい、ノルマや人間関係のつらさと主な転職先をご紹介

「銀行の法人営業がつらい」

「ノルマのプレッシャーが半端ない」

「取引先の将来がかかっていると思うと、夜もよく眠れない」

そんな経験ありますよね。

今回はそんなあなたにピッタリの記事をご紹介します。

九州の某地銀法人営業を経験ののち3年前に辞めて、地元の県庁に転職した前田さんからいただいた体験談です。

前田さん プロフィール

・38歳 男性 九州某県出身

・地元の国立大学を卒業後、新卒で地方銀行へ入行

・個人営業や法人営業を担当後、3年前に公務員試験を受け県庁へ転職

銀行員 転職サービス
銀行員の転職に役立つサービス情報まとめ、自分らしく働くために転職したら年収ってどうなるの?無料で使える診断サービス 「転職に興味があるけど、具体的に動き出せていない」 「ぶっちゃけ...

もくじ

銀行の法人営業を辞めたい、厳しいノルマ

銀行の稼ぎ頭、法人営業のノルマはきつい

法人営業担当には、融資残高、新規先の獲得件数、その他収益(保険金融商品)など、様々な項目のノルマが課されます。

毎朝のミーティングでノルマの進捗状況を上司にヒアリングされ、数字が上がっていないと
上司から叱責
されることになります。

ノルマを達成するために、毎日数多くの企業を訪問し融資提案を行いますが、そう簡単に資金需要が見つかるわけではありません。

朝支店で怒られて支店を飛び出し、訪問先企業では煙たがられ、全く数字が取れずに帰店する、なんて日もよくあります。

周りの営業担当と常に比べられる

各担当のノルマ達成状況は支店内で共有されるため、周りの営業担当は常に比較対象です。

「この担当は優秀な数字を残している」「あとノルマを達成していないのは誰と誰」といった情報が共有されるのです。

そうした状況下により、焦り妬みなど、様々な感情を抱えてしまうこともあるでしょう。

期が変われば次のノルマがやってくる

そしてやっとの思いでノルマを達成したかと思うと、期が変わればまた次のノルマがやってくる訳です。

どんなに頑張っても、次期には引き継ぐことができずにリセットです。

終わりのない「ノルマの呪縛」に耐えられなくなる銀行員は多いのではないでしょうか。

銀行 辞めたい
銀行員を辞めたい人へ、転職だけじゃない人生がラクになる3つの解決策銀行員を辞めたいあなたへ。人間関係がツラい、ノルマがキツい、将来性がない等、1年目、女性、営業、派遣などそれぞれの退職したい理由。転職へつなげるコツ。自分らしい働き方を目指すための考え方をお伝えします。...

銀行の法人営業を辞めたい、顧客本位でない営業体質

お願い営業で目標を達成する日々

金融を通じて経済発展に貢献することが銀行の役割です。

しかし、お客様第一とは言えない営業体質になっている銀行は多いです。

銀行は民間企業であり、その公共性から自己資本の健全性が求められるので、自行の利益を優先させなければなりません。

そのため、借入の必要がないような優良企業に融資提案をしたり、他行借入分の借換提案をすることなどの「無難な融資」が最も得策になるのです。

本当に資金が必要な企業を支援できない

一方、本当に資金を必要とする中小零細企業であったり、設立間もないベンチャー企業などは、財務が脆弱なケースが多いです。

そうした企業の融資審査にあたっては、金利を高く設定します。

保証人、不動産担保を求める場合もありますし、場合によっては融資を断ることもあります。

必要な融資が出来ずモチベーションが下がる

銀行を揶揄する言葉に「晴れの日に傘を貸して、雨の日に取り上げる」というものがありますが、あながち大げさではありません。

「地域経済を支えたい」と高い志をもって入行した人にとっては、そうした営業実態を目の当たりにすることで、モチベーションを失ってしまうことでしょう。

百十四銀行を辞めたい、体育会系でパワハラもあるので転職したい「百十四銀行を辞めたい」 「毎日のようにあるノルマの詰めがつらい」 「若いうちに転職したほうがいいのかな?」 今回は、...

銀行員が法人営業を辞めたい理由、銀行特有の人間関係

銀行の社内政治に疲弊する

法人営業では特に銀行の縦社会に留意しつつ、仕事を進める必要があります。

融資案件を獲得し、銀行内で稟議を通すには、先輩や上司、取引先の経営者などとの関係を良好に保つのが大切。

そのためには、言われたことに対してNOを言うことは許されず、常に相手の期待に応え続ける努力を行わなければなりません。

上司や顧客の機嫌を損ねてはいけない

上司からの叱責には反論できず、どちらが債権者なのか分からない物言いをする経営者に対しても頭を下げ続けます。

そして業務時間外には、飲み会ゴルフへの強制参加が待っています。

飲み会では上司や経営者の隣に座ってお酌をし、ゴルフでは機嫌を損ねないように細心の注意を払いながらプレーすることになります。

仕事のため、自分のプライベートは後回し

強制参加でありながら参加費は自腹のケースが多く、プライベートの予定も後回しになるでしょう。

飲み会やイベントは急に決まることもあり、その都度神経がすり減ります。

常に他人に振り回され続ける毎日のなかで、本当の自分を見失い、一体何のために仕事をしているのか分からなくなる人も多いのではないでしょうか。

大分銀行 辞めたい
大分銀行を辞めたい、ノルマがきつく上司の顔色を伺うのに疲れました「大分銀行を辞めたい」 「ノルマがきつすぎる、他の銀行も同じなのかな?」 「銀行からどのような転職先があるのか知りたい」 ...

銀行の法人営業を辞めたい、企業の存続を担うプレッシャー

資金繰りに困る中小企業は多い

中小企業・小規模事業者のなかには、銀行からの借入に依存した資金繰り体質になっている取引先も多いです。

そうした企業は、継続的な手形割引や借入をしなければ資金繰りがショートします。

不渡りを出して銀行取引停止になり倒産してしまうでしょう。

自分の仕事一つで取引先の倒産もありえる

倒産すれば企業で働く従業員の雇用も失われ、担保不動産がある場合などは、当該物件を競売にかけるなどして処分することになります。

もちろん、企業が倒産するのは営業担当者の責任ではありません。

しかし銀行が融資をしないことが決定打となり、引導を渡してしまうかもしれないのです。

人の人生を左右するプレッシャー

法人営業担当者として企業に関わるということは、人の人生を左右するかもしれないというプレッシャーと隣り合わせであるとも言えます。

新規取引先を獲得するのが法人営業の仕事ですが、取引先が増えるほど、そのプレッシャーは増大していくジレンマを抱えることになります。

真面目で考え込んでしまう性格の人は、そうした重圧に耐え切れずに法人営業を辞めたくなることでしょう。

銀行員 転職エージェント
銀行員からの転職なら転職エージェントがおすすめ!メリットとデメリットを解説「転職エージェントってそもそもなに?」 「聞いたことあるけど、どんなメリットがあるのかわからない」 転職エージェントというサ...

銀行員が法人営業を辞めたい理由、融資業務以外の業務が煩雑

膨大な量の事務処理

法人営業は企業に融資提案をして貸付残高を伸ばすことが本業ですが、それ以外の業務も煩雑です。

営業活動の合間に、取引先企業の信用格付け作業や本部や金融庁による臨店への対応など、様々な業務が発生します。

信用格付の際には、取引先企業から決算書を徴求し、財務面やそれ以外の分から債務者区分を判定する作業を行います。

臨店の際には、適正な融資審査が行われているか、書類の徴求漏れがないか等を検査されますが、抜き打ちで突然実施されることも多いです。

事務が忙しいからといってノルマは減らない

もちろん、そうした業務があるからと言ってノルマが減るわけではなく、達成しなければ上席から詰められることに変わりありません。

営業活動と両立するには勤務時間内では当然時間が足りず、残業する他ありません。

繁忙な時期には有給休暇どころか、昼休みすらろくに取れない日々が続きます。

目が回るような毎日に、誰もが一度は法人営業を辞めたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

銀行員が法人営業の経験を活かせる転職先

銀行の営業担当者は転職市場での価値が高い

「銀行の法人営業を辞めたい」
「もっと自分に合った転職先ってないのかな?」

と考えているあなたへ。

銀行の法人営業は、忍耐性・対人折衝能力・期日管理能力など、あらゆるスキルが高い水準で求められる仕事です。

それだけに法人営業の経験者は、転職市場において非常に高い価値を持っています。

銀行 転職 強み
銀行員が転職する際の強みを7つご紹介!企業へアピールして活躍しよう「転職を考えているけど、自分にはどんな強みがあるんだろう」 「私にも銀行員ならではのアピールポイントがあるのかな?」 「職務...

金融業界への転職は多い

最も相性がよい転職先は、同じ金融業界である証券会社保険会社になるでしょう。

金融知識はもとより、法人営業で培った営業力をそのまま活かすことができます。

人生100年時代では今後需要が拡大すると見込まれ、自分の能力次第では銀行時代からの年収アップも可能です。

銀行員 転職 外資系保険会社
銀行員から外資系保険会社へ転職した体験談、人間関係のストレスが減った「銀行から保険会社への転職に興味がある」 「外資系の保険会社で自分のチカラを試したい」 「実際に転職した人の話を聞いてみたい...
沖縄銀行 辞めたい
沖縄銀行を辞めたい、もっと挑戦したかったので証券会社へ転職しました「沖縄銀行を辞めたい」 「コロナで先行きも不安だし、どこかいい転職先はないかな?」 「銀行から証券会社に転職した人って、どん...

コンサル業界や士業などへの転職も可能

また、資格や人脈次第では、経営コンサルタント税理士事務所などへの転職も可能です。

勤勉性を活かして、公務員中小企業支援団体などへの転身も十分に可能でしょう。

そうした業種では、財務分析能力、課題解決力を発揮することにより、地域の経済発展、企業の経営改善に携わることが出来ます。

銀行員 転職 外資系コンサル
銀行員から外資系コンサル業界へ転職した体験談、短期間で成長できます「銀行を辞めてコンサルへ転職したい!」 「求人ってどんなふうに探したらいいの?」 「志望動機はどう語るべき?」 今回は...

他の営業職へも転職できる

その他の営業職全般への転職も非常に相性がよいです。

お金という複雑無形の商品を売り込んでいた銀行の法人営業であれば、自社の製品も的確な営業販売をしてくれると期待されることでしょう。

他にも、フィンテックベンチャーや士業資格を組み合わせた独立など、法人営業の経験を活かせば様々な転職先の検討が可能となります。

メガバンク 辞めたい
メガバンクを辞めたい主な理由5つ、元総合職の20代が語る銀行の真の姿「メガバンクで働いているけど、もう辞めたい」 「ノルマと人間関係のストレスで限界、こんなはずじゃなかったのに……」 「実際に...

法人営業を辞めたいと思ったら転職活動をしてみよう

法人営業を経験した強み

これまで見てきたとおり、銀行の法人営業は非常にハードです。

終わりのないノルマに追われ、上司や取引先の顔色を伺い続け、プライベートとの両立も難しいほど多忙な日々を送っています。

そうした法人営業の経験は決して無駄ではなく、あなたを優秀なビジネスパーソンへと成長させてくれています。

転職活動は悪いことではない

それでも、次々と辞めていく同僚たちと同様、自分も法人営業を辞めたいと考えている人は、一度転職活動をしてみることをお勧めします。

厳しいノルマから脱却したければ、公務員試験を受験してみるのもよいでしょう。

様々なしがらみのある銀行とは違う側面から個人や企業の支援をしていきたい人は、証券会社保険会社経営コンサルタントなどの転職を検討しましょう。

営業スキルを活かして世の中に普及させたい商品や技術があるのであれば、その業界の営業職への転職にチャレンジすべきです。

ビズリーチ 銀行員
ビズリーチを銀行員が使ってみた体験談、年収600万円以上の求人がたくさんビズリーチを38歳銀行員が使ってみた体験談。1週間で12件のスカウトが来ました!金融業界や大手メーカー、外資系や公務員の求人も。登録すると興味を持ってくれた企業からスカウトが来るので自信にもつながります。...

自分のキャリアと真剣に向き合ってみる

転職活動をすることで、自分は法人営業の何が辛いと感じているのか、それを解消するにはどのような選択肢があるのかについて真剣に向き合うことが出来ます。

その結果、理想の転職先に出会えるかもしれないし、逆にもう少し銀行員で頑張ってみようと思うかもしれません。

いずれにしても、転職活動をすることで自分の理想とするキャリアプランが見えてきます。

後悔のない人生を送るため、キャリアの棚卸しをしながら自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。

銀行員 転職エージェント おすすめ
2021年度版、銀行員にオススメの転職エージェント!内定への近道 \土日やオンライン面談もOK/ リクルートエージェントに相談 転職サービスってたくさんありすぎて、どれが自分に合っている...
銀行員 転職 年収
銀行員からの転職!あなたの適正年収を5分でカンタン診断できるツール \あなたの市場価値がすぐにわかる/ 適正年収を診断してみる ♪どれくらいの値打ちがあるだろう~~僕が今生...