プロフィール

銀行を辞めたいあなたへ、転職アドバイザーうたのんのプロフィール

当サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます!

うたのん
うたのん
こんにちは! 銀行で実際に働きながら趣味で立ち上げた転職メディアの編集長をやっているうたのん(@utanobanker)といいます。

運営者うたのんへのお問い合わせはコチラ

プロフィール

・1980年代前半生まれ(いわゆる就職氷河期世代)

・新卒で某金融機関に入行

・地元でリテール(個人営業)として奮闘中

・2人の男児のパパ

200人以上の転職相談にのった経験アリ

このサイトは入行してから今までに3回転職活動した僕の体験談や、読者からいただいた転職体験談、銀行員の働き方について記しています。

生い立ち

生まれも育ちも京都府。

京都人というと「いけず」、「思っていることと言っていることが違う」とよく言われます。

そんな人は洛中に住んでいるごく一部の人達のことですよ(笑)。

一緒に住んでいた祖父祖母の影響で、時代劇、そして日本史(戦国時代・幕末)が好きになりました。

その影響下、どちらかというと「義理人情」は大切にしたいなと思っている方です。

就職活動

某私立大学の法学部へ進学。
大学時代は遊びほうけており、あまり就職については熱心に考えてませんでした。

たまたま参加した、某都市銀行のセミナーで、

「銀行は人柄で商品を契約してもらえる」
「若いうちから、経営陣や社長に会えるよ」
「自分の人間性も磨かれるし、成長にもつながるよ」

との言葉に感銘を受けました。

うたのん
うたのん
よし、僕も銀行業界に入って、男を磨こう!

正直、銀行なら潰れないだろう、安定してるだろうという淡い期待もありました。

銀行 辞めたい
銀行員を辞めたいあなたへ、大丈夫!人生がラクになる3つの処方箋銀行員を辞めたいあなたへ。人間関係がツラい、ノルマがキツい、将来性がない等、1年目、女性、営業、派遣などそれぞれの退職したい理由。転職へつなげるコツ。自分らしい働き方を目指すための考え方をお伝えします。...

新卒で現在の勤務先に入行

なんとか第一志望群の地元の金融機関に内定をゲット。

期待を膨らませていた僕を待っていたのは、セクハラが横行し、渉外部門から怒号が飛び交うような職場でした。

ブログにはとても書けないようなこともたくさんあります。

ちなみに2年目の時に初めての転職活動をしました。

当時のハローワークや転職エージェントの担当から、「もう少し頑張ってみては」とやんわりと諭され、もう少し続けることにしました。

銀行員 転職 20代
銀行員からの転職!20代で大切にして欲しい軸とオススメの転職サイト「銀行に入って3年目、ノルマがキツいし、将来性も不安……」 「20代のうちの方が転職がしやすいって聞いたけど」 銀行や信金を...

リーマンショック前にマジで辞めたいと思う

その後は融資部門審査部門をへて、主に個人向け営業(リテール)への道を歩みました。

尊敬できる先輩ばかりで、毎日飲みにいって色んな話を聞いた職場もありました。

そんな中、「ずっと同じ仕事」「同じような金融商品を提案しつづける日々」にだんだん嫌気が差していました。

今度は支店長に相談するというかなり本気なものでした。

直後にリーマン・ショックが起こり、支店長からも「世の中何があるかわからないし、もう少し続けたら」と諭されました。

男気がある、面倒見のよい支店長でした。

三期連続表彰、その後うつ病に

営業成績で三期連続で表彰をとるなど、充実していた時代もありました。

2011年に妻と結婚。

2013年に長男が産まれ、さあ僕もイクメン頑張るぞと。

ところが、当時の上司は成績を挙げても「次はどうするの?」「計画はあるの?」詰め詰めに詰めてくる、行内でも有名な上司でした。

仕事と家庭との両立に悩み……。

僕はついにうつ病を発症し、2ヶ月間休職をしました。

今思うと、夜討ち朝駆けのような働き方にも限界が来ていたと思います。

今では、あの時体調を崩しておいてよかったなと思っています。

銀行員 うつ病
銀行員がうつ病で休職し、復職するまでの実体験!今じゃ楽しくやってます30代後半妻子ありの地方銀行員が営業成績を詰められストレスからうつ病になり、休職ののち復職した実体験。辛いこともありましたが大切なことに気づいた!今では人生楽しくやってます。...

ネットの世界へ

2016年に復職したあと、僕はもう以前のような仕事への情熱は持てなくなっていました。

そんな時、弟同然に可愛がってくれていた叔父が急性白血病で50歳の若さでなくなりました。

「人間とはどう生きるべきなのか」
壮大なテーマを叔父は身をもって僕に教えてくれた気がしました。

まずは自分のやりたいことを、できる範囲でやってみよう、と。

ネット小説を投稿しはじめたり、デジタルイラストを勉強したり、Twitterを始めたりと、僕は興味の赴くまま、ネットの世界にハマりはじめます。

ブログ、副業、マーケティングという生き方

もともと文章を書くのが好きだった僕は、「どうやらブログで稼ぐことができるらしい」との情報を入手します。

2018年、当時は「まだ会社で消耗しているの?」とフリーランス&インフルエンサーがもてはやされた時期でもありました。

試みに雑記ブログを運営してみると、ちょっぴりですが収入も得ることができました。

2019年に自分の価値をはかるため再度転職活動をしました。
熱心に誘っていただいた企業もありましたが、銀行に残る道を選択しています。

現在では
・家族もいるので安定した収入は必要
・銀行の個人営業という「道」でもう少し修行をしたい
・副業やマーケティングを学んでレベルアップをする

との思いから、本業を続けつつ、ブログやTwitterなどで自分の知見を発信する日々を送っております。

銀行員 転職先
銀行員の転職先8選、200人以上からの相談でわかったおすすめ業界はコレだ銀行員の主な転職先をランキング形式で8つご紹介。金融業界以外にもITや公務員など様々。男女別や20代から40代までの転職戦略についても触れています。資格やスキルを活かし、あなたもキャリアや年収をアップできます!...

当サイトの運営について

うたのん
うたのん
当サイトは主に以下の公式サイトより情報収集をしながら運営をしています。

また、主に参考にしているニュースサイトは以下の通りです。

2021年現在までに僕が利用したことのある転職サービスは以下の通りです。

上記の公式サイトからの情報を取得しつつ、丹念にリサーチの上、記事を作成しております。

万が一、事実と異なる記載がありました場合、速やかに訂正をさせていただきたく思います。
お気づきの際は、大変お手数ですが、下記のお問い合わせフォームよりご指摘願います。

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせは、以下のフォーマットからよろしくお願いいたします。

また、運営者うたのんはTwitter(@utanobanker)をやっております。
主に「銀行員の働き方」について発信しておりますので、興味のある方はフォロー願います。

TwitterのDMよりお問い合わせをいただいても大丈夫です。