転職の心得

地銀からの転職先のおすすめはココ、代表的な業界や職種を5つご紹介!

「地銀から転職を考えているんだけど、どの業界がいいんだろう?」

「おすすめの職種を知りたい」

「実際に転職した人の体験談が聞きたい」

そんなあなたのお悩みにお答えする記事を書きました。

うたのん
うたのん
こんにちは! 銀行で実際に働きながら趣味で立ち上げた転職メディアの編集長をやっている、うたのん@utanobanker)といいます。
プロフィール

・年齢:30代後半 関西在住
・地元でリテール(個人営業)として奮闘中
毎月1万人以上が訪問する転職メディアを運営
200人以上の転職相談にのった経験アリ

地方銀行からの転職で多いのは、以下の5つです。

  • 公務員
  • ITエンジニア
  • メーカーの営業職
  • 経理、財務職
  • 人材業界

この記事ではそれぞれの業界・職種のメリットデメリット今後の将来性についても触れています。

最後までお読みいただければ、あなたの今後のキャリア形成の重大なヒントになること間違いなし!

あなたの活き活きとした働き方のお役に立てれば嬉しく思います。

銀行員 転職サービス
銀行員の転職に役立つサービス情報まとめ、自分らしく働くために転職したら年収ってどうなるの?無料で使える診断サービス 「転職に興味があるけど、具体的に動き出せていない」 「ぶっちゃけ...

地方銀行からの転職先と銀行員の将来性

地銀で一生安泰の時代は終わった

「地方銀行に入れば一生安泰」という時代もありました。

目まぐるしく変化する現代社会において、もはや地銀の将来は約束されていません。

・マイナス金利政策による利ざやの縮小
・人口の東京一極集中
・少子高齢化による資金需要の衰退 など

地銀は従来通り収益を上げることが難しくなっています。

どこの銀行も人員削減をしている

政府が合併の制限を緩和する特例を打ち出すなど、国全体としても地銀の再編機運が高まっています。

将来的には銀行間の合併による人員削減などの流れが避けられません。

他にも、ネット銀行の台頭やクラウドファンディングなど新しい資金調達手段の登場、加速するIT化など、あらゆる方面で地方銀行には逆風が吹いています。

10年後、20年後には、銀行の窓口業務自体が無くなる可能性も。

銀行員の経験を活かして転職できる

一方で、勤勉で幅広い金融知識・業界知識を備え、目標達成意欲が強い銀行員は、転職市場における価値はまだまだ高いです。

様々なビジネススキルを高水準で備える銀行員を欲しがる企業は多いです。

早いうちから転職活動に向けた準備を進めることで様々な選択肢が取れることでしょう。

地方銀行の将来性に疑問を抱くのであれば、市場価値の高いうちに転職活動を行うべきです。

銀行員 転職エージェント
銀行員からの転職なら転職エージェントがおすすめ!メリットとデメリットを解説「転職エージェントってそもそもなに?」 「聞いたことあるけど、どんなメリットがあるのかわからない」 転職エージェントというサ...
うたのん
うたのん
それでは、さっそく地銀からのおすすめ転職先を見ていきましょう!

地方銀行からの転職先、公務員

銀行員から公務員を目指す人は多い

公務員は、銀行員からの転職先として人気の高い選択肢です。

国の機関に勤務する国家公務員や地方自治体で勤務する地方公務員のほか、教員、警察や消防官など幅広い職種があります。

<公務員になるメリット>
・公共的仕事のためノルマがない
・倒産やクビになるリスクがない
・福利厚生が充実している

日々のノルマに悩まされ、銀行の将来性に不安を感じているという人にとっては、それらを解消し得る理想の転職先となるでしょう。

経済政策・福祉・インフラ整備など幅広い分野に従事出来るという点も、金融業務一辺倒の地方銀行にはない魅力と言えます。

公務員のデメリットもある

反対に、公務員は「その安定性ゆえに大きな成功もつかみにくい」という点がデメリットとなります。

年功序列型賃金のため、個人で大きな成果を挙げたとしても給与に反映されにくいです。

3~4年で畑違いの部署に異動となるので深い専門スキルが身に付きません。

また、公務員の勤務経験は民間企業へ転職する際にはあまり価値を持ちません。

このように、公務員は「良くも悪くも安定している」転職先であると言えるでしょう。

銀行員 転職 公務員
銀行員から公務員へ転職した体験談、ノルマから解放され広い視野で仕事ができる九州の地方銀行から県庁へ35歳で転職した男性へのインタビュー記事。転職した理由や志望動機と自己PR、筆記試験対策や今の仕事のやりがいなどを語っていただきました。銀行員から公務員へ転職したい人必見。...

地方銀行からの転職先、ITエンジニア

ITは成長産業、未経験でもなれる

ITエンジニアとは、SEやプログラマーなど、IT関連の技術者の総称であり、コンピューターシステムやネットワークの設計・運用・保守などを手がけます。

ITエンジニアに転職するメリットは、何と言っても今後ますます需要が拡大する成長産業であるということです。

始めはスキルを習得するのに努力が必要ですが、一定の水準まで到達すれば今後職に困ることはなくなるでしょう。

リモートワークや独立も可能

また、ITエンジニアはPCがあれば仕事ができるので場所を選ばない職業です。

テレワーク副業容認など、先進的な職場環境が整っている職場が多い点も魅力です。

向上心を持ってスキルを向上させ続けることで、収入アップも十分可能となります。

エンジニア転職のデメリット

魅力の多い転職先ですが、全くの未経験から転職するには相応の勉強量が必要です。

進化し続ける技術を学び続けなければなりません。

納期がタイトであったり、急なシステムトラブルがあった場合などは、休日返上などハードなスケジュールになる可能性もあります。

いずれにしても、成長産業の筆頭であるITエンジニアは、チャレンジする価値が多いにある転職先となります。

銀行員 転職 IT
銀行員の転職ならIT業界がオススメな5つの理由、未経験でも転職できる銀行員をはじめ金融機関からIT業界への転職をおすすめする理由5つと注意点も記載。代表的な職種4つについても詳しく開解説しています。この記事を読めば未経験のあなたでもIT企業がまるわかり。...
横浜銀行 辞めたい
横浜銀行を辞めたい、将来性に不安を感じたのでITへ転職しました横浜銀行を辞めてITエンジニアへ転職した28歳女性の体験談。ノルマはきつくコロナ禍で更に将来性に不安。転職後、念願のリモートワーク、今後も通用するスキルが身についてよかった。有力地銀から転職したい人必見です。...

地方銀行からの転職先、メーカーの営業職

銀行の営業職との親和性が高い

企業の取扱製品の魅力を伝え、取引先に売り込む仕事を行うのがメーカーの営業職です。

営業スタイルは、既存取引先に対して契約継続の依頼や新商品の提案、アフターフォローを行うルート営業と、飛び込み訪問などによる新規先開拓に分けられます。

求められるスキルは銀行員と基本的に同じである為、スムーズに即戦力になれるという意味では、銀行員と親和性の高い転職先と言えます。

有形商材か無形商材か

銀行と大きく異なる点は、取扱商品が「有形」であるということです。

自分が「世の中に広めたいと考えるモノ」そのものを販売していきます。

無形の金融商品よりも社会貢献しているという実感、やりがいを感じることが出来るでしょう。

転職先を目利きする力が必要

一方、銀行と同じ営業職である以上、ある程度ノルマも課されます。

苦手な取引先に対しても頭を下げなければなりません。

せっかく転職しても、結局銀行員時代と同じような悩みを抱えてしまう可能性があります。

休日や福利厚生などの勤務条件等も十分に調査すべきです。

「営業職自体は好きだけど、金融ではなく自分の好きな商品・技術を取り扱いたい」という人にお勧めしたい転職先です。

北陸銀行 辞めたい
北陸銀行を辞めたい、人間関係とノルマが嫌で地元大手企業に転職しました北陸銀行を辞めて大手メーカーの営業職に転職した28歳女性の体験談。女性同士のドロドロな人間関係とノルマへの詰めがきつく実質的なパワハラも。転職して大きな仕事に取り組めて詰めもなくなり満足しています。...

地方銀行からの転職先、経理・財務職

銀行員のキャリアを活かせる仕事

入出金や日々の売上管理、給与計算、財務諸表作成を行うのが経理職です。

経理が作成した帳票類を基に、資金調達や予算管理、経営計画の立案などを行うのが財務職です。

財務分析能力や仕事の正確性といったスキルが求められ、簿記などの資格や銀行の業務経験を大いに活かすことが出来ます。

銀行員 転職 資格
銀行員が転職に活かせる資格7選、ピッタリの職種と効果的なPR方法とは「銀行から転職したいけど、やっぱり資格があった方が有利なの?」 「今からでも資格を取得した方がいいの?」 「現在保有している...

経理や財務職はどの企業にも存在する

どの企業にも必ず存在する部署である為、勤務地や勤務時間など、希望する条件を満たす求人を見つけやすいでしょう。

企業を客観的に分析し、課題解決を模索することにより経営者目線が身に付きます。

管理職への転身や独立への足がかりとなり得る点も魅力です。

「営業職が向かず、内勤で働きたい」という人にも向いている職種ですね。

また、繁忙期と閑散期の強弱がはっきりしています。

繁忙期を上手に乗り切ればワークライフバランスがとりやすい職種でもあります。

銀行員から会計事務所へ転職した体験談、時短勤務可能で正社員へ「銀行員から会計士事務所への転職を考えている」 「転職したらどんな働き方になるのかな?」 「自己PRや志望動機って何を話した...

経理や会計はITに代替されやすい

最も懸念すべき点は、「財務・経理業務のIT化」です。

近年、財務・会計に関するソフトウェアが台頭しています。

将来的に経理・財務職という職業自体がなくなってしまう可能性も否定できません。

転職する際には、資格取得や副業などの自己研鑽を並行して行い、あらゆる未来に備えることをお勧めします。

地方銀行からの転職先、人材業

人と企業とをつなぐ仕事

転職エージェントや人材派遣会社など、企業と求職者をマッチングする人材業も、地方銀行経験者との相性が良い転職先です。

両者の求めるものを的確に把握し、双方納得の行く結果を創出する仕事は、金融商品の提案やビジネスマッチングと近い業態です。

幅広い業界知識を有している銀行員ならではの視点で、それぞれの業界の特色、将来性などを的確にアドバイスできるでしょう。

人材業はAIに代替されにくい

最大のメリットとしては、「AIに代替される可能性が低い業界である」ということです。

人間の感情に働きかける仕事であり、一つとして同じ事例が存在しません。

AIが介入する余地は限られており、今後も存在し続けるビジネスであると言えます。

また、様々な企業の人事担当者との関係から派生して、広い人脈を構築することが出来る点も魅力の一つです。

ノルマや休日出勤の可能性はある

デメリットとしては、営業職ならではのノルマや突発的な残業、休日出勤が発生する可能性があること等が挙げられます。

給与体系も成果報酬型が多く、激しい競争の世界のなかで自分を追い込み続けることが出来る人でなければ、プレッシャーに耐えきれなくなるかもしれません。

とは言え、企業と求職者の架け橋となることを通じて人の人生に携わる仕事は、今後も需要が見込まれ、大きなやりがいを感じることが出来るでしょう。

地方銀行での経験を活かし理想の転職先を見つけよう

転職を考える銀行員の増加

経営者の高齢化、加速するAI化など様々な要因により、地方銀行の従来型のビジネスモデルは崩壊し、将来が不透明になっています。

メガバンクにおいても支店統合人員削減などの動きがあり、地方銀行も同様の流れが避けられません。

このような状況下において、「銀行で一生安泰」と考えることはもはやリスク。

誰しもが転職の可能性について考慮する必要があります。

自分のキャリアを見つめ直そう

転職活動をするうえで大切なのは、「自分のこれまでのキャリアを棚卸しすること」です。

銀行員としてビジネスの世界に身を投じてきて、「自分は何が得意で何が苦手なのか、どのような仕事にやりがいを感じるのか」を感じてきたはずです。

それらを整理することで、自分の理想とする転職先、生き方が見えてきます。

あなたの成長につながる転職を

また、業界の選定にあたっては、「成長産業であるかどうか」の検証も必要です。

成長産業では、優秀な同僚・取引先に恵まれる可能性が高く、「世の中に求められる仕事をしている」という実感、やりがいを感じることが出来るでしょう。

人生100年時代において、定年延長や多種多様な働き方が広まり続けており、一つの企業で働き続けるという生き方はもはや少数派になりつつあります。

幸い、銀行員の転職市場における価値はまだまだ高く、年代別に様々な転職先を検討することが可能です。

人生に真剣に向き合い、様々な可能性を考慮しながら、地方銀行からの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

銀行員 転職エージェント おすすめ
2021年度版、銀行員にオススメの転職エージェント!内定への近道 \土日やオンライン面談もOK/ リクルートエージェントに相談 転職サービスってたくさんありすぎて、どれが自分に合っている...