銀行辞めたい

銀行の個人営業を辞めたい、つらい時5選とやりがい、主な転職先を解説

「銀行のリテール営業ってなんでこんなにつらいの?」

「毎日のように追われるノルマに、もう限界!」

「思い切って転職した方がいいのかな?」

そんなあなたへ向けた記事を書きました。

うたのん
うたのん
こんにちは! 銀行で実際に働きながら趣味で立ち上げた転職メディアの編集長をやっている、うたのん@utanobanker)といいます。
プロフィール

・年齢:30代後半 関西在住
・地元でリテール(個人営業)として奮闘中
毎月1万人以上が訪問する転職メディアを運営
200人以上の転職相談にのった経験アリ

銀行の個人営業ってほんとつらいですよね。

僕も住宅ローン専任担当者から、業者への営業、飛び込みでの借り換え推進などを経て、現在は預かり資産営業を主に担当しています。

銀行の個人営業のつらさについてなら、あなたと一晩中お酒を飲みながら語れます!

要点まとめ

・銀行の個人営業のきつさ

・銀行の個人営業のやりがい

・転職すべきか、残るべきか?

・主な転職先

同僚と焼き鳥屋さんで一杯やりながらグチをこぼしている感じで、気軽に読んでみてください。

この記事を最後まで読んでいただければ、あなたの次に進むべき道が見えてきます。

銀行員 転職サービス
銀行員の転職に役立つサービス情報まとめ、自分らしく働くために転職したら年収ってどうなるの?無料で使える診断サービス 「転職に興味があるけど、具体的に動き出せていない」 「ぶっちゃけ...

銀行の個人営業を辞めたい、ノルマがきつい

ノルマの項目が多すぎる

個人営業のノルマ(目標数字)は多岐にわたりますよね。

ほんと「なんでこんなにあるの!」ってくらいに。

・投資信託
・保険販売(生保、損保)
・債券販売
・つみたてNISA
・iDeCo(個人型確定拠出年金)
・カードローン
・車、教育ローン
・住宅ローン
・クレジットカード などなど

うたのん
うたのん
ああ、書いているだけで吐き気が……

しかも銀行は新しい商品を開発したり、取り扱う投資信託が増えたりと常に勉強も必要です。

これらそれぞれの項目に対して、「えっ!このノルマって何人分ですか?」とありえない量が渉外一人一人に降ってきます。

毎週のように目標数字を管理される

そして、数字は毎週のように管理されます。

僕の経験では、毎週月曜日の朝にミーティングと称した吊し上げがあり、

月に1回は渉外会議という、上記のさらに強化バージョンもありました。

同僚が詰められているのを見るのもつらい

本部のお偉いさんが会議にきて、闘魂スピリッツを注入される場合もあります。

仲の良い同僚や後輩が詰められているのも見るもの、心が萎えます。

「明日は我が身」「次は自分の番かな…」とやるせない気持ちになります。

銀行 辞めたい
銀行員を辞めたい人へ、転職だけじゃない人生がラクになる3つの解決策銀行員を辞めたいあなたへ。人間関係がツラい、ノルマがキツい、将来性がない等、1年目、女性、営業、派遣などそれぞれの退職したい理由。転職へつなげるコツ。自分らしい働き方を目指すための考え方をお伝えします。...

銀行の個人営業を辞めたい、テレアポがきつい

リテールの代表的な営業手段

あなたは、個人のお客様にどのようにアタックしていますか?

代表的なのは、そう、みんな大好きテレアポです。

銀行はたくさんの顧客の情報を持っています。

年齢、家族構成、持ち家か?、預金の残高、いつ預けている定期預金の満期がくるか、など。

お客からも冷たい対応

行員ひとりひとりに高額預金者のリストを渡され、ひたすら電話をかけ続けます。

このテレアポですが、30件かけて投資信託などの成約につながるのはせいぜい1。2件くらい。

預金者のリストも何周もしているので、お客様からも「またかよ」と冷たくあしらわれる場合も多いです。

テレアポ強化デーもあったりする(涙

テレアポを管理するのが上司の仕事、とばかりに

「毎週火曜日はテレアポ強化の日」

「見込み客が取れるまで、掛け続けろ!」
などと指示されます。

こうしたテレアポは当然通常業務の合間や終わってから行いますので、心身ともに負担になります。

銀行の個人営業を辞めたい、お客を騙してるみたい

自ら刈り取りにいかないと契約はもらえない

特に預かり資産(投資信託や債券、保険など)は自分から「契約したいです」という人は非常に少ないです。

窓口に来たお客様に営業トークでその気にさせるのが超重要。

自分が詐欺師なのが銀行員なのかだんだんわからなくなってきました。

優しいお客様を騙しているだけな気がする

「銀行が扱っている投資信託だから、損が出ることないだろう」

と考えているお客様も一定数存在します。

「顧客第一主義」なんて銀行は言っているけど、本当にこの商品はお客様にとって必要なのだろうか?

詰められるのが嫌だから自分を正当化する

自分だって上司から詰められるのは嫌だから、自分のノルマを消化するために自分を正当化する。

リテールの人なら誰しも一度は考えたことあるはず。

人の損失や利益など気にしない、サイコパスにならなければ銀行では生き残っていけないのです。

銀行の個人営業を辞めたい、1日1日が勝負

法人営業とは違うのだよ、法人営業とは

社長や決済者にうまく気に入られれば、安定的に数字が入ってくる法人営業とは違います。

(もちろん法人営業もめちゃめちゃ苦労はありますよね)

銀行 法人営業 辞めたい
銀行の法人営業を辞めたい、ノルマや人間関係のつらさと主な転職先をご紹介「銀行の法人営業がつらい」 「ノルマのプレッシャーが半端ない」 「取引先の将来がかかっていると思うと、夜もよく眠れない」 ...

個人営業は「一期一会」。

日々見込み客を獲得し、いかにセールスにつなげ、次のお客を探すかがポイントになります。

個人営業とは孤独な戦士

うまくお客様に信頼されれば、次のお客様をご紹介いただける場合もあるのですが、基本は個別アタック。

今はうまく行っていても、来月には詰められているかもしれない。

銀行の個人営業とは、過酷なジャングルで生き抜く、孤独なゲリラ戦士なのです。

銀行の個人営業を辞めたい、ネット銀行・証券との競合

ネット証券での手数料は安い

ネット証券、確かに手数料が安いですよね。

銀行の対面販売だと販売額の2.2%とか取られる手数料も、ネット証券で自分で契約すれば、10分の1程度で購入できます。

あるいは、ノーロード(手数料無料)の投資信託もあります。

銀行本部は「手数料に見合う価値を提供して、信頼されることが銀行の誇り」なんて言いますけど。

そりゃあ、僕がお客ならネットで買うわな。

あなたはネット証券よりも価値を提供できるか?

こちらの話だけ聞いて投資を勉強してから、「やっぱネット証券で買うわ」というお客様もいます。

なかには、「ネット証券で手続きしたいから、やり方教えて」などどいうツワモノも。

もちろん、丁重にお断りしています。

そして、そっと見込み客リストから外します。

銀行の個人営業のやりがい

さーて、あなたの辞めたい気持ちに寄り添ったつもりが、だいぶ銀行のリテール営業をディスってしまいました。

ここからは、個人営業のやりがいについても記述しておきます。

お客様に信頼された時

人生100年、先が見えない時代だからこそ、投資という経験は大事だと思うんですよ。

そんなことを丁寧に説明すると、中には非常に感謝してくれるお客様もいます。

どちらかというと田舎の方が、優しいお客さんが多い傾向にあります。

ノルマ達成した時

普段ノルマ嫌だ、ノルマは親のカタキ、などと嫌がっていますけど。

大口の契約が取れた時や、苦労に苦労を重ねてノルマを達成した時は、アドレナリンがバーーっと出ます。

表彰とかもらっちゃうと、その時は嬉しいですよね。

僕たちは、立派な社畜として飼いならされているのです。

まあ、達成しても期がかわると、何事もなかったかのようにリセットされるんですけどね((泣)。

銀行の個人営業からの転職活動もあり

転職活動の経験は銀行員生活でも活きる

さて、ここまで読んでいただいたあなた、どんな感想を抱きましたか?

「銀行のリテールには未来はない、辞めようかな」

「他にも頑張っている人もいるみたいだし、もうちょっと、踏ん張ってみようかな」

僕は全ての銀行員が一度は転職活動すべきだと思っています。

転職活動することで、得られるメリットは実にたくさん。

  • 自分の転職市場での価値がわかる
  • 自分に足りないスキルや経験が客観視できる
  • 他の求人と比較することで、今の仕事のよい面がわかる

在職したままの転職活動ならノーリスク

僕は直近では2019年に転職活動して内定も得ましたが、色々と検討した結果、従来の銀行に残るという選択肢をとっています。

銀行 辞める もったいない
銀行を辞めるのはもったいない!?後悔しない選択肢を現役銀行員が語る銀行を辞めるのはもったいない!と思う理由を転職ブログを運営する現役銀行員が解説。高い年収水準や、銀行も変わりつつある。総合的に金融に携われるのはこの仕事だけ。辞めたい理由を一度整理してから行動してみましょう。...

もちろん、活動してみてよい転職先があれば、そのままいっちゃうもよし。

まだ自分には早いかな、と思えばしれっと残るのもOKです。

在職したまま転職活動すればノーリスクです。

銀行員 転職エージェント おすすめ
2021年度版、銀行員にオススメの転職エージェント!内定への近道 \土日やオンライン面談もOK/ リクルートエージェントに相談 転職サービスってたくさんありすぎて、どれが自分に合っている...

銀行の個人営業からの転職先

個人営業から主にどんな転職先があるのかも、簡単にご紹介しておきます。

興味のある方は、「合わせて読みたい」のところから関連記事をクリックしてくださいね!

公務員

ノルマがない、銀行と同等あるいはそれ以上の福利厚生、を求めて銀行から公務員を目指す人は多いです。

折衝力や人間関係をうまくこなす力は公務員でも役立つことでしょう。

ただし公務員試験を突破する必要があるのと、公務員自体は長い目でみると斜陽産業なので注意は必要です。

銀行員 転職 公務員
銀行員から公務員へ転職した体験談、ノルマから解放され広い視野で仕事ができる九州の地方銀行から県庁へ35歳で転職した男性へのインタビュー記事。転職した理由や志望動機と自己PR、筆記試験対策や今の仕事のやりがいなどを語っていただきました。銀行員から公務員へ転職したい人必見。...

経理、事務

銀行で培った計数管理や簿記の知識などを活かせます。

繁忙日はありますが、それ以外は定時退社が可能なのと、ノルマがないのもよいです。

注意点としては、事務職はAIや外注に代替されやすいので、プラスアルファのスキルを取得しておくとなおよいでしょう。

銀行員 転職 経理事務
銀行員から経理事務職へ転職した体験談、志望動機や理由はこう語ろう銀行員(農協)から香川県の地元企業の経理事務へ転職した31歳女性の体験談。辞めたい理由や正社員で求人を探す裏ワザ、採用担当者のハートをつかむ志望動機をご紹介。銀行から事務職へ転職したい人必見の記事です。...

メーカーの営業

北陸銀行 辞めたい
北陸銀行を辞めたい、人間関係とノルマが嫌で地元大手企業に転職しました北陸銀行を辞めて大手メーカーの営業職に転職した28歳女性の体験談。女性同士のドロドロな人間関係とノルマへの詰めがきつく実質的なパワハラも。転職して大きな仕事に取り組めて詰めもなくなり満足しています。...

人材関連の営業

個人営業で培った対人コミュニケーション術は、無形資産の営業でも活かせます。

派遣会社や転職サービスの営業職は、在庫を持たない分、利益率も高く年収も高い傾向にあります。

注意点としては、ノルマがきつい傾向にあるので、引き続き営業力に自信のある人向けです。

銀行員 転職先
銀行員の転職先8選、200人以上からの相談でわかったおすすめ業界はコレだ銀行員の主な転職先をランキング形式で8つご紹介。金融業界以外にもITや公務員など様々。男女別や20代から40代までの転職戦略についても触れています。資格やスキルを活かし、あなたもキャリアや年収をアップできます!...

ITエンジニア、マーケター

我々の生活には欠かせない存在となったIT技術。

コロナ禍でその重要性は加速度的に増しています。

リモートワークや多様な働き方とも相性がいいのが、IT職種の特徴です。

プログラミングを学ぶのはちょっと、という人はWebマーケターという選択肢もあります。

銀行員 転職 IT
銀行員の転職ならIT業界がオススメな5つの理由、未経験でも転職できる銀行員をはじめ金融機関からIT業界への転職をおすすめする理由5つと注意点も記載。代表的な職種4つについても詳しく開解説しています。この記事を読めば未経験のあなたでもIT企業がまるわかり。...
銀行員 Webマーケター
銀行員からWebマーケターへの転職がアツい!未経験からIT業界へ「銀行の将来は不安、もっと伸びる職種に転職したい」 「ノルマや人間関係にウンザリ……人から本当に必要とされる仕事をしたい」 ...