転職サイト

直接スカウトで効率的に就活できるサイト!OfferBoxの評判

「自分にどんな業界が合うのか迷っている」

「エントリーする企業を探して準備するのが大変」

「やみくもに就活してしまっているかも」

この記事は、そんな悩める就活生の皆さんのために書きました。

周りが就活で慌ただしくなり、自分なりに色々準備や対策をしてみた。

だけど、「これ!」という企業が見つからないこともありますよね。

うたのん
うたのん
こんにちは! 銀行で実際に働きながら趣味で立ち上げた転職メディアの編集長をやっているうたのん(@utanobanker)といいます。
プロフィール

・年齢:30代後半 関西在住
・地元でリテール(個人営業)として奮闘中
毎月1万人以上が訪問する転職メディアを運営
・200人以上の転職相談にのった経験アリ

自己分析が大事と言われたり、企業分析が大事と言われたり。

必死で企業をさがし、エントリーしまくる日々に疲れていませんか?

「もっと効率的に就活したい!」

と誰もが思ったことがあるはず。

新卒就活サイトのOfferBoxはご存じですか?

オファー型就活という、新たな仕組みを取り入れている就活支援サイトです。

年々多様化する就活サービスですが、OfferBoxはなんと就活生の3人に1人が登録中。

就活生の間では、定番となりつつあるサービスです。

隣にいるあの人も、実はもう使い始めているかもしれませんよ。

・エントリー不要、企業からオファーが届く

・思わぬ業界や企業との出会いがある

・無料の適性診断が自己PR文に活用できる

・アプリやイベントなども充実し、多角的なサービスが受けられる

OfferBoxのメリットから、少し気になる点までをご紹介します。

この記事をお読みいただければ、就活の効率アップが可能です。

それだけではなく、自分に合った良い企業との出会いの幅も広がります。

限られた時間で、充実の就活。

やみくも就活はもうやめませんか?

\企業と直接つながるなら/OfferBox公式サイトへ

OfferBoxの評判、企業から直接オファーメールが届く

オファーボックス 評判

今までにない新卒オファー型就活サイト

OfferBoxは、新卒就活生を対象としたオファー型就職サイトです。

これまでに社会人向けのオファー型転職サイトはありました。

新卒向けとしては、新しいサービスです。

これまで新卒の就活は、企業を探して選考に応募するエントリー型が主流でした。

エントリー型は、自力で企業を探す必要があり、時間や手間がかかっていました。

しかし、オファー型では企業があなたを見つけます。

そして企業からあなたの元へ

「うちの会社で働きませんか?」

というオファーが届くのです。

プロフィールを作る、あとは待つだけ

就活生のあなたがやることは、サイトに登録しプロフィールを入力する。

たったこれだけです。

あとは、あなたのプロフィールに興味をもった企業から直接スカウトのメールが集まります。

その後は企業と直接やり取りが可能。

インターシップへの参加や、場合によっては書類選考をパスし面接に進めるといったパターンもあります。

時短で効率よく就活できるのが、大きなメリットです。

「学生の可能性を広げる」がコンセプト

OfferBoxの登録者は28万人。

就活生の3人に1人が利用しています。

オファー型の就活サイトの中で、学生利用率No.1の実績を誇ります。

登録企業も豊富です。

10,000社以上が利用し、日々学生にオファーを発信中です。

オファーBOX 企業

企業規模も大手からベンチャー、官公庁まで様々です。

企業数の多さから、幅広い業界に出会える可能性を秘めています。

OfferBoxのコンセプトは「学生の可能性を広げる」。

誰もが利用しやすいように、すべて無料で提供されています。

OfferBoxの評判、思わぬ企業との出会いがある

自分では気づいていない適性に企業が気づくことも

OfferBoxのオファー受信率は93.6%という高い実績があります。(2020年度卒実績)

登録すれば、ほとんどの学生が企業から何かしらのオファーを受けているということですね。

オファーを受ける最大のメリットは、思わぬ企業との出会いがあることです。

エントリー型は、自分の知っている範囲の業種や企業から、選ぶことしかできません。

ところがオファー型なら、あなた自身が気づいていない適性を、企業が見出し声をかけてくれるのです。

オファー以前の企業の行動も把握でき、アプローチも可能

OfferBoxには、いわゆる「足あと機能」のようなものがあります。

あなたのプロフィールを閲覧した企業を確認することができます。

自分が、どんな企業や業種に興味を持ってもらえているのか判断ができるのです。

企業からのアクセス状況によって、自己PRの切り口を変えるなどプロフィールの改善にも役立ちます。

また、オファー前である「検討中」の通知もあります。

もし、自分も興味があれば「会いたい」通知を送ることが可能です。

こちらから企業側に積極的にアピールができます。

大量メール禁止、企業が厳選した人だけにオファーを届ける

OfferBoxでは企業に対し、オファーメールの一斉送信を禁止しています。

併せて1日あたりの送信回数も制限があります。

オファー型サイトによっては、企業側が大量のメールを送信できる機能が存在します。

就活生側には1日に何百件もメールが届き、貴重なオファーが埋もれてしまうリスクがあります。

それを防ぐため、企業が1人1人のプロフィールを丁寧に閲覧し、オファーを送る体制を整えています。

参考)あなたの「強み」を生かした就活なら「OfferBox」

OfferBoxの評判、適性診断を無料で受けられる

精度の高い有料級の診断ツールが利用可能

OfferBoxは、就活に役立つ診断ツールを提供しています。

AnalyzeU+という自己分析ツールです。

質問に答えると、社会で求められる力25項目の偏差値を診断するというもの。

他サイトの質問項目は100前後なのに対し、OfferBox のツールは251個と倍以上です。

所要時間は約30分と答えるのは結構大変です。

しかし、それだけ精度の高い結果を得ることができます。

これだけしっかりした有料級のツールがなんと無料。

登録するだけで、すぐに利用できます。

診断結果を自己PRとして作成できる

とても便利なツールですが、

「で、結局書類や面接でどうアプローチすればいいの?」

と思いますよね。

OfferBoxの診断ツールは、就活にダイレクトに役立つように一歩踏み込んでいます。

診断は、各項目が数値化されるだけではありません。

結果には、細やかなアドバイスがあり、あなたの強み弱みが言語化されています。

これを活用し、自己PR文を作成することができます。

結果の文章を抽出し、掘り下げる。

エピソードを付け加え、志望先の仕事と関連付ければ自己PR文の完成です。

適性診断の使い方、プロフィール欄での活用法のコラムも充実

「うまく使いこなせるかな」と不安な人も、しっかりサポートする体制が整っています。

サイト上にはAnalyzeU+の使い方や、活用方法が詳しく掲載。

また、結果の分析方法、偏差値が低い部分の対処法など、活用するうえで疑問に感じることはコラムで紹介されています。

コラムは他にも、就活に役立つ実用的な情報が網羅されています。

更新も頻繁で、新しい情報がアップデートされているため必見です。

OfferBoxの評判、コンテンツが充実している

プロフィール欄は写真、動画もOKで自由度が高い

せっかくなら、自分にあった企業からたくさんオファーをもらいたいですよね。

OfferBoxはあなたの人柄がしっかりと伝わるよう、公開できるプロフィール量が豊富です。

自己PRや興味のあること、幼少期からこれまでのエピソードまで詳しく掲載することができます。

表現は文章だけではありません。

写真、動画、研究スライドを使って自己表現することも可能です。

他サイトに比べ、自分自身を知ってもらえる情報量や自由度は群を抜いています。

そのため双方のミスマッチを防げるのです。

アプリが使いやすく、スキマ時間で就活できる

アプリの使い勝手の良さもポイントです。

通学中やスキマ時間に使えるので、忙しい就活中にとても便利です。

アプリでは、オファーのプッシュ通知機能があります。

オファーが他のメールに埋もれることなく、リアルタイムで通知されます。

企業への返信も、その場で速やかに行えます。

新聞社とのコラボ企画などオンラインイベントも実施中

「サイトだけではなく、他のかたちでのサポートはないの?」

そんな声に応え、イベントやセミナーも実施しています。

内容は、OfferBoxの活用方法、自己分析講座、新聞社とのコラボ企画など。

サイトだけでは伝えきれない情報を、Zoomでのオンラインセミナーとして開催中です。

プロフィールづくりが進まない人のための「みんなでプロフィールを作る」セミナーもあります。

こちらは、リアルタイムで質問も可能です。

セミナーは夕方から夜にかけて、90分程度でおこなわれています。

OfferBoxの気になる点

求人は都市部が多い

募集地域に偏りがあるのが、気になるポイントです。

OfferBoxの公開データによると、勤務地は、関東が53%、関西が23%で7割以上を占めています。

Uターン就職も考えているのなら、地方就職に特化した他サイトも活用しましょう。

ただ、オファー型のサイトはプロフィールを登録してしまえば、あまりアクションを起こす必要はありません。

思わぬ地方企業からのオファーを逃さないためにも、登録だけでも済ませておくことをおすすめします。

大手企業の求人は少なめ

登録企業のうち、上場企業は11%と少なめです。

大手の人気企業は自然と応募者が集まるので、伝統的なエントリー型の募集が多いです。

しかし、規模が小さくても可能性を秘めた企業は多数存在します。

そういった自分では探し出せない魅力的な企業に出会えるのがOfferBoxの最大のメリットです。

企業規模の偏りは、エントリー型・オファー型双方のサイトと併用することで、幅広い企業をカバーできます。

就活サイトは複数利用がおすすめ

就活サイトはたくさんあり、それぞれに長所短所は存在します。

それを補うために、様々なジャンルのサイトを組み合わせて活用するのがおすすめです。

組み合わせは、目指す企業や業種によって異なります。

使いながら取捨選択していきましょう。

また、サイトで得られるのは求人情報だけではありません。

診断ツールやコラムなどを通して、就活に役立つ知識を得ることもできます。

求人以外のサービスも充実している、という視点で選ぶことも重要です。

就活サイト おすすめ 人事
【採用者目線】元銀行の人事担当がおすすめ、就活サイトランキング5選「就活サイトを活用したいけど、たくさんあり過ぎてどれを使えば良いか分からない」 「いよいよ就活。効率よく就活をサポートしてくれるサ...

まとめ、OfferBox でやみくも就活を卒業しよう!

OfferBoxが向いている人

・もっと効率的な就活をしたい人
・どこを受ければ良いのか正直迷っている人
・実はもっと自分に合った会社があると思っている人

オファー型就活で効率的に内定を目指そう

「やみくもに頑張る」「数をこなす」といった昔ながらの就活に、違和感を覚えませんか?

OfferBoxの就活は、プロフィールを充実させて、あとは待つだけ。

手当たり次第のエントリーを避け、時代にあった効率的な就活を実現しています。

時間や手間が浮いた分、オファーが届いた企業の対応や分析に注力できます。

周りや時間に追われ忘れがちですが、「自分らしさを失わない就活」はとても大切です。

第一志望にこだわらなくてもいい

「OfferBox 2020年卒利用実績データ」によると、もともと志望していた業界と、実際就職した業界の一致率はたったの24%です。

実は、多くの人が第一志望とは異なる業界へ就職を決めているのです。

就活最初の「これだ!」は意外とアテにならないということですね。

業界や企業の先入観から、自分の可能性を狭めてしまうのは惜しいことです。

・思わぬ適性業界との出会い
・活躍の可能性が高い企業との出会い

それができるのが、OfferBoxです。

人生1度の新卒就活、即行動が必勝のカギ

新卒就活は人生一度きりです。

自分にあった企業に巡り合う時間と行動量にも限りがあります。

この貴重な期間を最大限活かしましょう。

そのため、ここぞというときに即行動できる瞬発力は大事です。

悔いのないように、今日からオファー型就活を取り入れてみませんか。

OfferBoxの新しい就活で、運命の企業と出会いましょう。

\企業と直接つながる!/OfferBox公式サイトへ